新・立憲民主党の枝野代表気勢「本当の戦い始まる」

立憲民主党、国民民主党と無所属議員が合流した新「立憲民主党」が10日、誕生した。新党の代表選と党名選の投開票が行われ、立民の枝野幸男代表(56)が国民の泉健太政調会長(46)を破り、代表となった。149人の衆参国会議員による投票は枝野氏107票、泉氏42票だった。党名選は立憲民主党94票、民主党54票、その他1票で立憲民主党の党名が継承された。

集合離散を繰り返した新党は衆参149人を擁する野党第1党となった。代表選で100票を目標に掲げた枝野氏は「これでノーサイドだとは思っていません。いよいよプレーボール。本当の戦いが始まる」と、気勢を上げた。

一方で党名選は割れた。枝野氏は昨年9月に民進党から分裂し、結党した立憲民主党に愛着とこだわりを持ち続け、党名選でも提唱した。だが、泉氏が提案した民主党に枝野氏を代表に推した10票以上が流れた。

新党の焦点となる執行部などの主要人事について枝野氏は「奇抜なことはしない。オーソドックスにいく」とした。合流を推進した福山哲郎(立民)、平野博文(国民)の両幹事長や代表選を争った泉氏らを重用して、まずは党内融和を急ぐものとみられている。「(衆院の)解散総選挙で10月25日にも投開票かも知れない」と枝野代表は政権交代へ党勢拡大をにらむ。【大上悟】