岸田文雄氏「海上保安庁の装備充実」3度目の政策会見は外交・安全保障

岸田文雄氏「海上保安庁の装備充実」3度目の政策会見は外交・安全保障

岸田文雄氏(2021年9月9日撮影)

自民党総裁選(17日告示、29日投開票)に出馬を正式表明している岸田文雄前政調会長が13日午前、外交・安全保障政策の会見を行った。

中国・新疆ウイグル自治区などでの人権侵害に対し、人権問題担当の首相補佐官の新設を提唱した。沖縄県・尖閣諸島周辺で領海侵入を繰り返す中国海警局船への対応のため、「海上保安庁の装備充実させなければならない。海上保安庁と自衛隊の連携も重要だが、警察権と自衛権の連携のはざまで抜け落ちているところがないか」などと法改正の必要性を訴えた。

岸田氏の政策会見はコロナ対策(2日)、経済対策(8日)に続く、第3弾となる。この日午後は外国特派員協会でも記者会見を行った。発信力不足を指摘されてきた岸田氏だが、8月26日に先陣を切って出馬表明をした後は精力的な情報発信を展開し、「発信量」では対抗馬の高市早苗前総務相、河野太郎行革相を圧倒している。