八代弁護士発言の謝罪は「撤回・謝罪になってない」共産党志位委員長が見解

八代弁護士発言の謝罪は「撤回・謝罪になってない」共産党志位委員長が見解

志位氏が八代氏の謝罪に反発

八代弁護士発言の謝罪は「撤回・謝罪になってない」共産党志位委員長が見解

共産党の志位和夫委員長(2018年3月18日撮影)

八代英輝弁護士が13日、レギュラーMCを務めるTBS系情報番組「ひるおび!」(月〜金曜午前10時25分)で、共産党についての発言内容について謝罪したことを受け、共産党の志位和夫委員長はツイッターで「コメンテーターの発言は『暴力的な革命を党の要綱として廃止していない』という虚偽発言への撤回・謝罪になっていない」との見解を示した。

八代弁護士は10日の同番組で、衆院選での野党共闘の話題を取り上げた際に「共産党は『暴力的な革命』というのを、党の要綱として廃止してません」と発言した。TBSは同日「共産党の綱領には記載がなく、発言は誤りでした」とのコメントを発表した。

八代弁護士は13日の番組内で「私の認識は閣議決定された政府見解に基づいたもの。一方、日本共産党はたびたび否定されていることも申し上げるべきでした。申し訳ありませんでした」と頭を下げたが、綱領には言及しなかった。

八代弁護士の謝罪の前に、TBSの江藤愛アナウンサーが「『日本共産党について、暴力的な革命というのを、党の要綱として廃止していない』という発言がありました。日本共産党の綱領にそのようなことは書かれていませんでした。訂正しておわびします」と伝えた。