【ひふみんEYE】先手生かした藤井3冠、終盤力に加え強じんな受けも披露

【ひふみんEYE】先手生かした藤井3冠、終盤力に加え強じんな受けも披露

終局後、感想戦を行う藤井聡太3冠(日本将棋連盟提供)

<ひふみんEYE>

将棋の藤井聡太王位(棋聖=19)が史上最年少3冠となった。13日午前9時から東京・千駄ケ谷「将棋会館」で行われた第6期叡王戦5番勝負第5局で、午後6時22分、111手で豊島将之叡王(竜王=31)を下した。この結果、対戦成績を3勝2敗として叡王を初めて獲得。今年防衛した棋聖、王位と合わせ、叡王奪取で3冠達成となった。19歳1カ月での達成は、1993年(平5)1月に羽生善治現九段(50)が達成した22歳3カ月を大幅に更新する快挙でもある。

   ◇   ◇   ◇

藤井さんが振り駒で先手になったのは大きかったですね。自分の研究した手順に誘導できる有利さを生かせた気がします。タイトル獲得8期の私は、このうち獲得した6局が先手でした。

終盤力が目立つ藤井さんですが、強靱(きょうじん)な受けも披露してくれました。中盤の先手6七銀引。(65手目)。これで攻められていた7〜8筋をしっかり守りました。

その次の後手3五歩が豊島さんの敗着。ここは、後手8六歩先手同歩後手同銀右先手同金後手同銀とさばいて出れば、まだまだ指せていたはずです。次の後手8四銀も極めてまずかった。豊島さんほどの実力者なら、分かっているはず。「不調」とみました。結果的に銀2枚は遊び駒となりましたから。

有利とみた藤井さんは、軽やかな攻めも見せてくれました。難所を収めた後の先手6六金(73手目)〜次の先手5六金は緩急自在。この後はいいとこばかりでした。豊島さんに対する苦手意識も完全に払拭(ふっしょく)できたことでしょう。

令和の将棋界はこれで藤井さんを中心に回っていくでしょう。竜王戦に勝てば、勢力分布図がより明確になりそうです。快進撃はどこまで続くのか、注目です。