菅新総裁、人事構想は「私の政策に合う人を登用」

菅新総裁、人事構想は「私の政策に合う人を登用」

自民党新総裁に就任し、正拳突きで記念撮影に納まる菅義偉官房長官(撮影・河野匠)

自民党総裁選で勝利した菅義偉・新総裁は14日、党本部で会見し、16日に予定される内閣改造をはじめ今後の人事構想について「総理が替わるわけだから、思い切って私の政策に合う人を登用したい。改革に理解を示してくれる人を中心に人事を進める」と述べた。「国民のために働く内閣をつくりたい」とも述べた。

安倍政権からの継承を掲げるだけに、内閣のメンバーの顔ぶれがあまり変わらない「居抜き内閣」になるとの指摘もあったが、菅氏は否定した格好だ。

「政策を説明して大きな数をいただいた。安定して自分の目指す政治を行っていける環境が整ってきたのではないか」とした上で「仕事をしないと国民に申し訳ない。改革意欲があって、仕事ができる人(を登用したい)」と訴えた。