吉村府知事、井上万博担当大臣との早期対面を熱望

吉村府知事、井上万博担当大臣との早期対面を熱望

吉村洋文知事(2020年9月14日撮影)

大阪府の吉村洋文知事(45)は16日、府庁で定例会見を行った。菅内閣では、25年開催の「大阪・関西万博」の万博担当大臣が新設された。

任命されたのは東京25区選出の井上信治元環境副大臣(50)。面識がないという吉村知事は「(閣僚では)小泉進次郎さんに次いで2番目に若い。まさにその若さで、ぜひ新しい万博、古い固定概念にとらわれることない、新しい万博をぜひ引っ張っていってもらいたい」と期待した。

大阪・関西万博を東京出身者が担当することについて「大阪は僕も松井市長も個性が強いので、そういう意味ではバランスが取れていいんじゃないかなと。スマートな東京の選出の方が日本の万博を率いて、僕たちも協力し、突き抜けた万博にしたい」と話し、井上氏との早期の対面を熱望した。