涙なし飯塚被告「車に何らかの異常」池袋暴走初公判

涙なし飯塚被告「車に何らかの異常」池袋暴走初公判

亡くなった松永真菜さんと長女莉子ちゃんの遺影(撮影・村上幸将)

東京・池袋の都道で昨年4月に乗用車が暴走し、松永真菜さん(当時31)と長女莉子ちゃん(同3)が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)罪で在宅起訴された、旧通産省工業技術院元院長・飯塚幸三被告(89)の初公判が8日、東京地裁で開かれた。同被告は松永拓也さん(34)ら遺族に謝罪するも「アクセルを踏み続けたことはない。車に何らかの異常が生じたから」と起訴内容を否認し、無罪を主張した。

   ◇   ◇   ◇   ◇

飯塚被告は、弁護人に車いすを押されて証言台の前まで進んだ。下津健司裁判長から起訴事実について問われると、立ち上がり、被害者参加制度を使って裁判に参加した、松永さんら遺族に謝罪した。

「今回の事故により、奥さまと、お嬢さまを亡くされた松永様とご親族に心からおわび申し上げます。最愛のおふたりを亡くされた悲しみとご心痛は…思いますと言葉がございません」

4秒ほど深々と頭を下げたが、その直後に起訴内容については否認した。

「アクセルペダルを踏み続けたことはないと記憶しております。車に何らかの異常が生じたから暴走したと考えます」

冒頭陳述で、検察は飯塚被告が走行中に車線変更を繰り返す中でアクセルを誤って踏み、時速60キロから84キロまで加速させたこと、その後も踏み続けた結果、事故発生当時は96キロまで加速していたと説明。車の故障診断センサーにはアクセル、ブレーキとも故障の記録がない上「アクセルを踏み続けた一方、ブレーキを踏んでいないデータが記録されている」とも指摘した。

事故前年18年からの点検でも車に機能的な異常はなく、昨年3月に車を運転した飯塚被告の息子も「父から車の異常は一切、聞いたことがない」と供述したという。裁判の争点は過失の有無だが、冒頭陳述では同被告の罪状認否に疑問を抱かせる指摘が相次いだ。

飯塚被告は、自らの供述調書の読み上げを聞いて涙を流す松永さんと、真菜さんの父上原義教さん(63)の姿を見て、頭を45度くらい傾けて下を向き、うつむいた。まばたきこそ繰り返したが、涙はなかった。

松永さんは公判後、会見を開き「証拠を見ることが出来たが、どう見たって(アクセルの)踏み間違いとしか思えない」と断言。「自分の過失でなく車の不具合と言うのは、おかしい。車のせい、無罪と主張するのは加害者の権利だが、妻と娘の命、遺族の悲しみと本当に向き合って欲しい。今後、裁判で私もしゃべる機会を与えられるので加害者本人にしっかり伝えたい」と憤りをあらわにした。【村上幸将】

◆池袋暴走事故 19年4月19日午後0時25分ごろ、東京都豊島区東池袋4丁目の都道で乗用車が交差点2つを含む約150メートルにわたって暴走。赤信号を無視して横断歩道に突っ込んだ。自転車に乗っていた松永さん母子が死亡し、運転していた飯塚元院長と助手席の妻を含め2歳から90代の男女9人が重軽傷を負った。