豊島−羽生ともに長考、27手で封じ手 竜王戦1局

豊島−羽生ともに長考、27手で封じ手 竜王戦1局

初防衛を目指す豊島将之竜王(日本将棋連盟提供)

豊島将之竜王(叡王=30)の初防衛なるか? 挑戦者の羽生善治九段(50)がタイトル獲得通算100期を達成するか? 将棋の第33期竜王戦7番勝負第1局が9日、東京都渋谷区「セルリアンタワー能楽堂」で始まった。

午前9時からの2日制で始まった対局は、序盤から激しく駒がぶつかった。午後からはお互いに長考を繰り広げた。午後6時、先手の羽生が27手目を封じ、初日を終えた。

両者は過去33回対戦し、羽生の17勝16敗。タイトル戦で3回戦っているが、7番勝負で豊島に羽生が挑戦するのは初めてだ。その羽生は17年に竜王を獲得してタイトル通算99期としたが、18年名人戦、棋聖戦、竜王戦と3連敗。ここ2年はタイトル戦からも遠ざかっている。先月50歳になって、どんな戦いぶりをするのか注目だ。

持ち時間各8時間のうち、初日の消費時間は羽生3時間54分、豊島3時間50分。今日10日午前9時から対局は再開される。【赤塚辰浩】