菅氏関与「6人見てると思う」元文科事務次官が見解

菅氏関与「6人見てると思う」元文科事務次官が見解

菅氏関与を前川喜平氏が指摘

菅氏関与「6人見てると思う」元文科事務次官が見解

前川喜平氏(2018年4月14日撮影)

日本学術会議の会員候補任命拒否をめぐり、主要野党による合同ヒアリングが13日、国会内で行われ、安倍政権で文部科学事務次官を務めた前川喜平氏が出席した。

前川氏は事務次官だった16年、文化功労者らの選考にかかわった際について言及。「官邸からのご指示で、2人については差し替えた」と、官邸の介入があったことを明かした。

学術会議の任命拒否問題については「(官房副長官の)杉田さんから『大臣が了承しているものを副長官が覆すことはできない』と聞いたことがある。副長官がダメと言うことはありえない。菅総理が見ていないことが不思議。考えられないと思う。少なくとも官房長官時代に見ていた可能性は高いと思う。(任命拒否した)6人は見ていると思う」とし、菅氏の関与を指摘した。さらに「学問の自由の侵害にあたると思う」との見解も述べた。

また、前川氏は野党議員からの追及を受け、官僚が「記憶が…」などと交わすなど、議論が深まらない状況に「(官僚が)かわいそうだなと。あそこにいたら、ああいう態度を取らざるを得ない」と、官僚に理解を示す場面もあった。【近藤由美子】