渡辺恒雄氏「畏敬した友人」中曽根氏の合同葬で弔辞

渡辺恒雄氏「畏敬した友人」中曽根氏の合同葬で弔辞

読売新聞グループ東京本社の渡辺恒雄代表取締役主筆(2019年3月19日撮影)

昨年11月に死去した故中曽根康弘元首相の内閣・自民党合同葬が17日、東京・高輪のグランドプリンスホテル新高輪で営まれた。

中曽根氏と、長年にわたる盟友関係で知られる読売新聞グループ本社の渡辺恒雄代表取締役主筆は欠席したが、友人代表としての弔辞が代読された。

渡辺氏は「中曽根さんは私の師であり8歳上の兄であり、唯一の畏敬した友人でした」と振り返った。また、中曽根氏の句として知られる「くれてなお 命の限り 蝉(せみ)しぐれ」に触れて「94歳の私にとって心の支えになっている」とも、述べた。