確保の瞬間を撮影!天王寺公園で刃物男を現行犯逮捕

確保の瞬間を撮影!天王寺公園で刃物男を現行犯逮捕

天王寺公園で警察官に身柄を拘束された男(撮影・松浦隆司)

18日午後、多くの人でにぎわう大阪市天王寺区の天王寺公園で、男性が刃物を持った男に切り付けられる事件が発生した。

大阪府警天王寺署によると、同日午後4時半すぎ、同公園の近くにある交番に女性が「ナイフを持った男が暴れている」と駆け込んできた。警察官が現場に駆けつけると、男は男性ら3人に取り押さえられていた。

同署や目撃者によると、男が同公園内を歩いていたヤマト運輸従業員の男性(25)の背後から左肩付近を無言で切りつけたという。男は近くにいた人たちに取り押さえられ、駆けつけた警察官に引き渡された。同署は男を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。切りつけられた男性は軽傷。容疑者は住所不定、無職山本博史容疑者(49)。調べに対し「この件に関しては何も話したくない」と供述しているという。

警察官に取り押さえられた男はうつぶせで、左足の靴は脱げていた。パトカーに乗せられる際は、暴れることはなく、無言だった。

現場はJR天王寺駅からすぐの天王寺公園内の芝生広場「てんしば」の敷地内。日曜日の午後で多くの人でにぎわっていた。現場は一時騒然となった。

事件が発生した同時刻、JR天王寺駅を挟んだ反対側の街頭では、公明党本部の山口那津男代表(68)、大阪維新の会代表の松井一郎大阪市長(56)、代表代行の吉村洋文大阪府知事(45)の合同での街頭演説が終了した直後だった。事件現場とは500メートル以上離れており、事件の影響はなかった。【松浦隆司】