藤井4冠、劣勢覆し大逆転奪取「まったく実感はありません。課題が多い」

藤井4冠、劣勢覆し大逆転奪取「まったく実感はありません。課題が多い」

藤井4冠"課題多いので改善"

藤井4冠、劣勢覆し大逆転奪取「まったく実感はありません。課題が多い」

竜王戦第4局、前日の指し手を再現する藤井聡太3冠(代表撮影)

将棋の藤井聡太3冠(王位・叡王・棋聖=19)が豊島将之竜王(31)に挑戦する、第34期竜王戦7番勝負第4局が12、13の両日、山口県宇部市・ANAクラウンプラザホテル宇部で行われ、後手の藤井が豊島を122手で破り、開幕から4連勝で竜王を奪取した。最終盤は劣勢だったが、相手のミスを逃さず、大逆転勝利だった。

これで将棋界にある8つのタイトルのうち、半分の4冠を同時に保持。羽生善治九段(51)の22歳9カ月の最年少4冠の記録を28年ぶりに更新する19歳3カ月で4冠となり、史上初の「10代4冠」が誕生した。豊島は無冠になった。

藤井は第1局で、形勢不明の終盤戦を制して逆転勝利。続く第2、3局も正確な指し回しで開幕から3連勝した。

大記録のかかった第4局の戦型は角換わり。序盤は、お互いが研究手を繰り出し、異例のハイペースで午前中に63手まで進んだ。午後は長考合戦となり、深い読み合いが続いた。

2日目は豊島が積極的に仕掛け、藤井が受ける展開に。終盤、豊島が相手の読みを外し、藤井は時間を使う。お互いが1歩も引かない殴り合い。豊島が2時間以上持ち時間を残す一方で、藤井は残り10分を切り、秒読みに入る。最終盤は相手のミスを見逃さず、大逆転でタイトル奪取した。

デビューから6連敗した“藤井キラー”の豊島に今年に入り巻き返し、これで7連勝。対戦成績を13勝9敗とした。

終局後、藤井は「中盤、難しいと思っていた」と振り返り、竜王奪取に「まったく実感はありません。最高峰のタイトルなので、それに見合った実力をつけていければと思います」と謙虚に話した。

将棋界には8タイトルあるが、これで藤井は半分の4タイトルを同時に保持することになった。これまで最多だった渡辺明名人・棋王・王将(37)のタイトル数を抜き、10代で最多タイトルホルダーとなった。竜王は名人と並ぶ将棋界の最高峰のタイトルと言われ、藤井が事実上の将棋界の頂点に立った。

10代4冠にも「今期はここまで内容的に課題が多いので、今後、改善していきたい」と話した。

年度内5冠の可能性もある。第71期王将戦挑戦者決定リーグでは無傷の4連勝。あと2勝すれば、渡辺への挑戦権を獲得する。