【ひふみん】豊島さん109手目が「理解不能の敗着」早とちりかひるんだか

【ひふみん】豊島さん109手目が「理解不能の敗着」早とちりかひるんだか

竜王戦第4局、封じ手を指す藤井聡太3冠(右)と豊島将之竜王(代表撮影)

<ひふみんEYE>

将棋の藤井聡太3冠(王位・叡王・棋聖=19)が豊島将之竜王(31)に挑戦する、第34期竜王戦7番勝負第4局が12、13の両日、山口県宇部市内で行われ、後手の藤井が大逆転勝利を収め、開幕から4連勝で竜王を奪取した。羽生善治九段の22歳9カ月の最年少4冠の記録を28年ぶりに更新し、史上初の「10代4冠」が誕生した。

   ◇   ◇   ◇

豊島さんの先手3五桂(109手目)が「理解不能の敗着」でした。あそこでは当然先手5五同銀と相手の角を取り、以下後手5六桂先手同歩後手7七歩成先手5七玉後手6七と先手4六玉後手3四桂先手同飛後手同銀先手4四歩後手5二玉先手4三銀で必勝のはずでした。早とちりか、ひるんだとしか思えませんが、藤井さんの存在がそうさせたのかもしれませんね。

8つあるタイトルの半分を持ち、これで「藤井時代」到来です。現在進行中の王将戦挑戦者決定リーグも4連勝とトップですし、5冠目は至近距離にあります。

同時に名人挑戦権を争うA級への昇級を果たしてほしいです。現在B級1組で昇級の目があります。竜王は将棋界最高の優勝賞金4400万円という「実」の部分での序列1位ですが、棋士になった以上、伝統と格式のある名人を目指せと言いたいです。21歳2カ月の史上最年少で名人になった谷川浩司さんの記録を更新するチャンスが十分ありますから。(加藤一二三・九段)