藤井4冠に記録抜かれた羽生九段「タイトルにふさわしい」師匠は「感無量」

藤井4冠に記録抜かれた羽生九段「タイトルにふさわしい」師匠は「感無量」

史上最年少の19歳3カ月で四冠を達成し、花束を手にする将棋の藤井聡太新竜王(撮影・屋方直哉)

将棋の藤井聡太3冠(王位・叡王・棋聖=19)が豊島将之竜王(31)に挑戦する、第34期竜王戦7番勝負第4局が12、13の両日、山口県宇部市・ANAクラウンプラザホテル宇部で行われ、後手の藤井が豊島を破り、開幕から4連勝で竜王を奪取した。これで将棋界にある8つのタイトルのうち、半分の4冠を同時に保持。羽生善治九段(51)の22歳9カ月の最年少4冠の記録を28年ぶりに更新する19歳3カ月で4冠となり、史上初の「10代4冠」が誕生した。

史上初の10代4冠の偉業達成に将棋界から祝福のコメントが寄せられた。

93年に最年少4冠記録を打ち立てた羽生善治九段(51)は「今回の竜王戦のシリーズは序盤の深い分析、中盤の細かい駆け引き、終盤の鋭い切れ味と実に高度な内容の対局が続きタイトル獲得にふさわしい内容のシリーズでした。これからもどんな将棋を指すか楽しみにしています。」とコメントした。羽生は22歳9カ月での最年少4冠達成だったが、藤井は、この記録を大幅に更新した。

師匠・杉本昌隆八段(53)は「竜王獲得、そして最年少4冠達成おめでとうございます。この日が来ることは10年前から確信していましたが、それでも師匠として感無量です。藤井新竜王の活躍には人間の無限の可能性を感じさせてくれます。さらなる飛躍を期待しております」と喜びのコメント。

日本将棋連盟会長・佐藤康光九段(52)は「このたびは初の竜王位獲得、史上最年少の4冠達成、誠におめでとうございます。度重なる激戦が続く中、勝ち続けられるパワーに敬意を表します。ますますご活躍を祈念いたします」とした。