中国テニス選手の不倫強要告発 WTAが適切な調査を求める声明

WTA 中国選手告発で調査要請

テニス4大大会で優勝経験のある中国の女子プロ選手、彭帥(ポン・シューアイ、35)が、中国共産党最高指導部メンバーだった張高麗前副首相(75)から不倫を強要されたとソーシャルメディアで告発した問題で、女子テニス協会(WTA)が14日、告発内容について「検閲なしに、完全に、公正に、透明性をもって調査されなければならない」と求める声明を発表した。声明は、事態について「深い懸念」を強調。彭の告発について「最大限真剣に扱われなければならない」「容認されたり、無視されたりするのではなく、調査される必要がある」などと求めた。彭の勇気や強さも称賛している。

彭は今月2日、短文投稿サイト、微博(ウェイボ)に、張氏から性的関係を迫られ、関係を持ったなどと実名で投稿。すぐに削除されたが、拡散した。中国当局や張氏は反応していない。台湾のメディアによると、投稿後、彭の動静は不明との情報もある。