菅首相がバッハ会長と会談「有意義なやりとり」 

菅義偉首相は16日、官邸で来日中の国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長の表敬訪問を受け、来年に延期された東京五輪・パラリンピック開催実現に向けて、連携することで一致した。

約30分にわたり、大会開催に向けて、意見交換を行った。会談後、首相は「私からは来年の東京五輪・パラリンピック大会開催を実現する決意である旨をお伝えしました。安全安心な大会開催に向けて、今後とも緊密に連携していくことで一致した。極めて有意義なやりとりができた」と話すなど、開催実現に強い意欲を示した。

バッハ会長も「来年夏に東京大会を大成功のもと行うことができると、両者で完全に方向性が一致している」と強調した。新型コロナウイルス感染症対策についても集中的に話し合ったという。「我々はそれぞれ想像できる限りの措置を検討し、すべての人々にとって安全な大会になると担保する」と話した。

スタジアムへの観客規制は来春に最終決定する方針が決まっているが、バッハ会長は「スタジアムの中に観客を入れることも確信を持つことできました」とし、あらためて観客を入れる形で行う意向を示した。

また、ワクチンについても言及。「開発され、入手可能になっていれば、日本人を保護するためにも、参加する人たちや訪問客が来る前に、ワクチンを接種してこられるようにIOCとしても努力したい」と話した。