囲碁の最年少プロの仲邑菫二段、テイケイ杯俊英戦予選は初戦敗退

囲碁の最年少プロ、仲邑菫二段(12)が18日、東京・市ケ谷「日本棋院東京本院」で行われた「第1回テイケイ杯俊英戦予選」で金子真季二段(26)に黒番(先手)4目勝ちを許した。

仲邑は初戦で姿を消した。今年発足した若手限定の公式戦。