藤井聡太4冠に真っ向勝負挑み敗れた近藤七段「やってみたい構想だった」

藤井聡太4冠に真っ向勝負挑み敗れた近藤七段「やってみたい構想だった」

第71期王将戦挑戦者決定リーグに臨んだ近藤誠也七段(日本将棋連盟提供)

第71期ALSOK杯王将戦挑戦者決定リーグが19日、東京・千駄ケ谷「将棋会館」で行われ、将棋の史上最年少4冠、藤井聡太竜王(王位・叡王・棋聖=19)が近藤誠也七段(25)を下した。通算成績5勝0敗で最終局を待たずに1位が確定し、渡辺明王将(名人・棋王=37)への挑戦権獲得を決めた。

ここまで3勝1敗と2位で、勝てば挑戦権獲得の可能性があった近藤は終局後「相掛かりで激戦模様だったが、やってみたい構想だった」と真っ向勝負を挑んだ。「3三歩から流れるようなシチュエーションで苦しくしてしまった気がする」と悔しそうに振り返った。