藤井4冠無傷で王将挑戦権「渡辺王将は序中盤に優れている印象」一問一答

藤井4冠無傷で王将挑戦権「渡辺王将は序中盤に優れている印象」一問一答

近藤誠也七段を下して王将戦挑戦者決定リーグ5連勝とし、最終局を待たずに挑戦権を獲得した藤井聡太竜王(日本将棋連盟提供)

第71期ALSOK杯王将戦挑戦者決定リーグが19日、東京・千駄ケ谷「将棋会館」で行われ、将棋の史上最年少4冠、藤井聡太竜王(王位・叡王・棋聖=19)が近藤誠也七段(25)を下した。通算成績5勝0敗で最終局を待たずに1位が確定し、渡辺明王将(名人・棋王=37)への挑戦権を獲得を決めた。

終局後の藤井竜王との主な一問一答は以下の通り

−本局を振り返って

藤井 中盤は自信のない展開かなと思っていた。

−5連勝で最終局を待たずに挑戦権獲得

藤井 王将リーグでは今期が3回目ですが、本当にトップ棋士ばかりなので、その中で結果を残せ、挑戦権を獲得できたのはうれしく思ってます。

−5連勝について

藤井 勝ちを意識せず、1局1局のつもりできた。結果として自分の実力以上の成績を残せた。

−王将戦7番勝負では渡辺明王将と対戦する

藤井 渡辺王将は作戦巧者で序中盤に優れているという印象です。2日制だと深い考えをされているので、こちらもしっかり対応したい。