藤井2冠200勝、印象強い初タイトル戦/一問一答

藤井2冠200勝、印象強い初タイトル戦/一問一答

将棋第70期王将戦挑戦者決定リーグ 最終戦 木村一基九段に勝利し通算200勝を達成した藤井聡太2冠は、感想戦で対局を振り返る(代表撮影)

将棋の藤井聡太2冠(18)が20日、通算200勝を達成した。

第70期王将戦挑戦者決定リーグ戦(東京・千駄ケ谷「将棋会館」)で木村一基九段(47)を下した。これで未放映のテレビ棋戦も含めて200勝40敗とした。

達成時の勝率8割3分3厘は、羽生善治九段(50)の7割9分1厘(200勝53敗)を上回る最高記録。18歳4カ月1日での達成も、羽生の19歳1カ月28日を上回り最年少。デビューから4年1カ月19日での達成は、羽生の3年11カ月6日に次ぐ。

リーグ成績は3勝3敗。同日同所では、2勝3敗だった広瀬章人八段(33)が5連勝の永瀬拓矢王座(28)を下して、3勝3敗とした。同星で2人並んだが、広瀬の順位(序列)が1位と上のため、3位の藤井は初のリーグ降級。厳しさを突きつけられた。また、4勝1敗同士の豊島将之竜王(叡王=30)対羽生善治九段(50)の一戦は、豊島が勝利。この結果、渡辺明王将(名人・棋王=36)への挑戦権争いは30日、同所で永瀬と豊島によるプレーオフとなった。

終局から約1時間後、200勝の会見に応じた藤井の一問一答は以下の通り。

−通算200勝について

まったく気付いていませんでした。ただ、これを今後に役立てていけたら。今後、より厳しくなってくるので頑張りたい。

−タイトルを獲得した後、将棋は変わったか?

王位獲得後、対局間隔が開いてペースをつかめていないところもあるかなと思います。いい経験になっているので、これからよくしていけるようにしたい。

−少し早いですが、今年を振り返ってください

昨年はタイトル挑戦がなかった。今年は棋聖、王位と2冠を獲得していい結果を出せました。ただ、王将戦では3連敗した時点で、かなり厳しかったです。実力が足りないと痛感しました。強い相手ばかりで挑戦できなかったのは残念です。来年、実力を高めてコンスタントに各棋戦で上位に行けるようにしたい。

−200勝のうち、最も印象に残っているのは

棋戦戦5番勝負第1局。初めてのタイトル戦でしっかり戦えました。【赤塚辰浩】