仲邑初段1回戦敗退、再び女流タイトルホルダーの壁

仲邑初段1回戦敗退、再び女流タイトルホルダーの壁

広島アルミ杯若鯉戦の本戦に初めて勝ち上がった仲邑菫初段は惜しくも1回戦で敗退(日本棋院提供)

囲碁の最年少プロ、仲邑菫初段(11)がまたしても女流タイトルホルダーの壁にはね返された。20日、広島市内で打たれた若手限定戦「第15回広島アルミ杯若鯉戦」本戦トーナメント1回戦で、237手までで上野愛咲美女流本因坊(扇興杯=19)に黒番中押し勝ちを許した。

両者は今年7月の第5回扇興杯女流最強戦1回戦でも激突し、上野が勝っている。こちらの棋戦で初めて本戦まで進出した仲邑だったが、またしても「ウエノハンマー」に打ち砕かれた。

対局後、「序盤は結構打ちやすいと思いましたが、中盤の攻防でやり損なってしまいました」と話した。ベスト8入りした上野は「序盤で仲邑初段にスキを突かれてしまいました。1回戦を突破できたので、次も挑戦する気持ちで楽しく打ちたいです」。午後からの準々決勝に臨む。

広島アルミ杯若鯉戦は若手の対局機会の増加と育成を狙いとした、30歳以下で七段以下の限定戦。予選から勝ち上がった15人に、前期優勝した平田智也七段(26)が加わる勝ち抜き戦で、21日に1回戦と準々決勝、22日に準決勝と決勝を行う。優勝賞金は300万円。