小池都知事が公務復帰「体調は万全です」重病説は否定 約4週間ぶり公の場

小池都知事が公務復帰「体調は万全です」重病説は否定 約4週間ぶり公の場

約4週間ぶりに登庁した小池百合子知事(撮影・沢田直人)

東京都の小池百合子知事が21日、過度な疲労による入院を終えた後、初めて都庁に登庁した。オンラインで全国知事会に出席し、約4週間ぶりの公の場となった。

小池氏は全国知事会で新型コロナウイルスの第6波への対策や、日常生活の回復に向けた政策について意見を交わした。全国知事会の終了後、報道陣の取材に応じた小池氏は「休養を十分取らせていただき、通常の公務復帰となりました」と述べた。小池氏は10月27日から11月2日まで入院。その後自宅静養を経て、7日から2週間ほどのテレワークで公務に当たっていた。新型コロナ対策のほか、ワクチン接種の進捗(しんちょく)状況など副知事や都の担当者と連携や報告を行っていたといい「都政全体を見直すいい期間とさせていただきました」と語った。

静養期間中に政界関係者などから重病説が浮上していたことに対し「いえ、おかげさまで体調は万全です」と否定。「コロナ対策、オリパラ対策で全力で駆け抜けてきました。コロナの状況が落ち着いているということから、この時間を取ることできました」と述べた。その上で「都民から皆様からも励ましの声がありました。ありがとうございます。これからもしっかり取り組んでいきたい」と感謝した。