囲碁の藤沢里菜女流3冠が男女混合の公式棋戦を制す

囲碁の藤沢里菜女流3冠が男女混合の公式棋戦を制す

藤沢3冠が男女混合戦を制す

囲碁の藤沢里菜女流3冠が男女混合の公式棋戦を制す

第15回広島アルミ杯若鯉戦を初優勝して男女混合の公式戦を女流棋士で初めて制した藤沢里菜女流3冠(日本棋院提供)

囲碁の藤沢里菜女流3冠(女流名人、女流立葵杯、博多・カマチ杯=22)が、女流棋士として初めて男女混合の公式棋戦を制した。22日、広島市内のホテルで打たれた若手限定戦「第15回広島アルミ杯若鯉戦」決勝で、孫■(そん・まこと)七段(24)との接戦を制して、332手までで白番半目勝ち。同棋戦初優勝を果たし、優勝賞金300万円を獲得した。「信じられない気持ちです。本当に光栄に思います」と終局後、喜びをかみしめた。

第1回で女流棋士の謝依旻三段(当時、31)が優勝したが、第5回までは非公式戦。公式戦では、青木喜久代現八段(52)が1997年(平9)の第22期新人王戦、上野愛咲美女流2冠(女流本因坊、扇興杯=19)の昨年の第28期竜星戦での準優勝が最高だった。

藤沢は、故藤沢秀行名誉棋聖の孫で弟子。10年に11歳6カ月でプロデビュー。14年の第1回会津中央病院杯で、15歳9カ月の女流棋士史上最年少でタイトルを獲得して以来、これで15期目のタイトル獲得となる。約1年前には、全棋士が参加する名人戦予選で最底辺のCクラスから8連勝して同A決勝まで勝ち上がったが、リーグ入りをかけて対局で一力遼八段に敗れた。女流としては上野愛と並び、若手の2強でもある。

広島アルミ杯若鯉戦は若手の対局機会の増加と育成を狙いとした、30歳以下で七段以下の限定戦。今回は、予選から勝ち上がった15人と、前期優勝の平田智也七段(26)が加わる勝ち抜き戦で、21日に1回戦と準々決勝を開催していた。

※■は吉を二つ横に並べる