小池知事、安倍政権へ「緊張感持ってかじ取りを」

小池知事、安倍政権へ「緊張感持ってかじ取りを」

定例会見に臨む小池百合子都知事

東京都の小池百合子知事は22日の会見で、安倍晋三首相の在職日数が憲政史上1位になったことについて、長く在職すると国際舞台での発言力も強まるとした上で「国際的観点からいうと、ひとつの利がある」と述べた。

その上で「都政もそうだが、くるくる(トップが)替わると、予算編成でも自分の予算ではない時は、魂の入り方が若干違う。『連続性』はそういう面でも価値がある」とも指摘した。再選がかかる来年の都知事選への対応を明確にしていない小池氏だが、権力の連続性の必要性に触れた形。「ただの延長にならないためには、緊張感を持って時代を見て、かじ取りをされることが一般的にも必要」と訴えた。