藤井聡太竜王「1回経験してみるのが目標」勝ったら仮装の“罰ゲーム”

藤井聡太竜王「1回経験してみるのが目標」勝ったら仮装の“罰ゲーム”

質問に答える藤井聡太竜王(代表撮影)

将棋の第71期ALSOK杯王将戦挑戦者決定リーグの最終一斉対局が、24日午前10時から東京・千駄ケ谷「将棋会館」で行われた。

すでに5連勝で渡辺明王将(名人・棋王=37)への挑戦権を獲得し、王将戦初登場を決めた史上最年少4冠、藤井聡太竜王(王位・叡王・棋聖=19)は午後7時39分、101手で永瀬拓矢王座(29)に敗れ、5勝1敗でリーグを終えた。年度内5冠がかかる7番勝負は来年1月9日、静岡県掛川市で開幕する。

永瀬の手堅い受けに苦戦し、最後は黒星を喫した。「敗れてしまったのは残念ですけど、実力以上の結果が出せたかな思います」。終局から1時間足らずでの記者会見では、気持ちを切り替えていた。日程表を見ながら、「栃木、佐賀、島根、新潟はまだ行ったことがないので、楽しみにしています」とも話した。

今期は、タイトル獲得通算99期の羽生善治九段(51)との4回戦が最大のヤマ場だったと分析する。「際どい終盤で勝つことができて、挑戦に近づいた感じがします」。これまでの王将戦の最年少挑戦記録は、11年前の豊島将之九段の20歳。これを上回る。昨年、今年と棋聖戦5番勝負で対戦した渡辺とは初の7番勝負を戦う。先に4勝すれば、羽生の22歳10カ月を上回る史上最年少5冠にもなる。「意識はしていません。作戦巧者の渡辺王将に差をつけられないよう熱戦にできれば」。

7番勝負で1つ勝つごとに、このタイトル戦では主催者による対局翌日の仮装写真の撮影がある。通称「罰ゲーム」。会見では早くも挑戦権ならぬ、「挑戦券」が用意されていた。

「(仮装が)どんな感じになるのか分からないですけど、勝たなければそれもないので、まず1回経験してみるのが最初の目標かなと思います」。冬用の和服の仕立てとともに、まず1勝に向けて「冬支度」が始まる。【赤塚辰浩】

【第71期ALSOK杯王将戦7番勝負日程】

◆第1局 1月9、10日、静岡県掛川市「掛川城二の丸茶室」

◆第2局 1月22、23日、大阪府高槻市「山水館」

◆第3局 1月29、30日、栃木県大田原市「ホテル花月」

◆第4局 2月11、12日、東京都立川市「SORANO HOTEL」

◆第5局 2月26、27日、佐賀県上峰町「大幸園」

◆第6局 3月12、13日、島根県大田市「さんべ荘」

◆第7局 3月26、27日、新潟県佐渡市「きらく」

※開催は2022年

◆王将戦 1950年(昭25)に一般棋戦として創設。翌年からタイトル戦に。8大タイトル(竜王・名人・王位・王座・棋王・叡王・王将・棋聖)の序列は7番目。1次予選、2次予選はトーナメント。2予の勝ち上がり3人と、シード棋士4人の計7人による総当たり戦を例年9月から年内に開催して挑戦者を決める。同星の場合は原則、順位上位の2人によるプレーオフ。2日制の7番勝負は例年1〜3月に、全国を転戦する。リーグ陥落3人と言う条件に加え、リーグ開催時に在籍者がヤマ場にさしかかった他棋戦でも勝ち上がっていたり、タイトル戦と掛け持ちする場合があり、中2〜3日で対局をこなすことから、「将棋界で最も過酷なリーグ」と呼ばれる。