ミシュラン東京 木村拓哉ドラマにレシピ提供の店も

ミシュラン東京 木村拓哉ドラマにレシピ提供の店も

ミシュランガイド東京2020出版記念パーティーに出席したマスコットのムッシュ・ビバンダム(撮影・佐藤勝亮)

東京オリンピック(五輪)・パラリンピックイヤーとなる2020年版の「ミシュランガイド東京2020」が26日、発表された。日本ミシュランタイヤが都内で記者会見し、掲載された飲食店・レストランは39種類のカテゴリーから464軒に上った。星付きの飲食店・レストランは226軒と今年も世界一星の多い都市となった。宿泊施設は34軒で計498軒が掲載された。

「ミシュランガイド東京2020」で星を得た飲食店は226軒。08年版から始まった東京版発売以来13年連続で世界最多の星の数を獲得した。2019年度版まで三つ星で掲載されていた「すきやばし次郎本店」「鮨さいとう」は一般予約が不可となったため、掲載外となった。

今回、三つ星評価を受けた飲食店は11軒となり、日本料理店の「かどわき」が2009年の初掲載以来の二つ星評価から、新たに三つ星に評価を上げた。東京五輪を控え、多くの海外旅行客が訪れることが予想されるが、かどわきの門脇俊哉シェフ(59)は「和食の入り口を広くする。アユや生魚が嫌いな海外の方だけの専用メニューを用意するのではなく、外国人も日本人もおいしいと思ってもらえる、うま味を特徴とした料理をお出しする」。こだわり抜いたおもてなしを提供する。

初掲載から13年連続三つ星評価を受けた3軒の1つ、品川区のフランス料理「カンテサンス」と、新規掲載で二つ星評価を得た、千代田区のイノベーティブ(創作料理)「Inua」は、現在放送中の木村拓哉主演のTBS系列ドラマ「グランメゾン東京」で、木村が演じる主人公がシェフを務めるレストランとライバル店の劇中料理のレシピ提供を行っていることでも注目を集めた。

39種類の料理カテゴリーのうち、25種類が和食関連になった。東京五輪を控え、ミシュランガイド東京外国語版は発売されないが、担当者は「インターネットでは英語版が無料で見られます。海外の方が充実した和食をお召し上がりいただけるのでは」と語った。「ミシュランガイド東京2020」は11月29日に発売される。【佐藤勝亮】

◆ミシュランガイド 1900年に仏タイヤメーカー「ミシュラン」が発行したレストランガイド。ホテルのガイドもある。各地でさまざまな地域版を発行され、日本では07年11月に初めて東京版が発売された。ミシュラン社員の“覆面調査員”が、一般客として食事をして評価を行うことで知られる。「ミシュラン」は前回の東京五輪が開催された1964年(昭39)に開業した東京モノレールの車両用ゴムタイヤを納入したことから、日本進出した。