姜尚中氏、闇払った「ラグビーさまさま」流行語大賞

姜尚中氏、闇払った「ラグビーさまさま」流行語大賞

写真に納まる受賞者 前列左からFRIDAYの藤田康男編集長、秋葉弘道アキダイ社長、#KuTooの石川優実氏、PayPayの中山一郎社長、日本ラグビー協会森重隆会長、国土交通省の水嶋智氏、坂本八幡宮の御田良知宮司、たぴりすと。奈緒、たぴりすと。華恋 後列左から審査員の姜尚中、金田一秀穂、俵万智、室井滋、辛酸なめ子、やくみつる、大塚陽子編集長(撮影・鈴木正人)

年末の風物詩「現代用語の基礎知識選 2019ユーキャン新語・流行語大賞」発表会が2日、都内で行われた。

   ◇   ◇   ◇

選考委員の姜尚中東京大学名誉教授は壇上で、「明暗がくっきりと際立った1年だった」と振り返った。

想定外の自然災害の連続や、いじめや政治のよどみが顕著だった1年だったことを指摘し「たとえて言えばしらじらしい闇が広がり、弾けるような流行語・新語が誕生しなかった」。その闇を払ってくれたのが「ラグビーの思っても見なかった大活躍と国民的熱狂」とし、「この『明』がなかったら今年は不作の年だった。ラグビーさまさまの1年だった」と話した。