宇宙放出「ガンダム」模型、東京五輪組織委が初公開

宇宙放出「ガンダム」模型、東京五輪組織委が初公開

初公開された超小型衛星と、搭載される「ガンダム」と「シャアザク」の模型(撮影・大上悟)

2020年東京オリンピック(五輪)・パラリンピック組織委員会は3日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)などと連携して国際宇宙ステーション(ISS)から宇宙空間に放出する“ガンプラ搭載”超小型衛星「ジーサテライト」が完成し、衛星のレプリカと搭載する「機動戦士ガンダム」の模型などを公開した。

縦10センチ、横10センチ、長さ34・5センチ、重さ2・9キロの超小型衛星は来年4月にISSから放出され、「ガンダム」と「シャア専用ザク」2体の模型を宇宙空間に飛ばす。大会前から大会期間中に地球へ向けて「アムロ」「シャア」が作中と同じ声でメッセージを発信する。衛星の外装は金メダルイメージの金色で模型の目は五輪期間中は5色に輝く。

模型の台座にある電光掲示板は日、英、仏の3カ国語で選手などへの応援メッセージなどを表示して、超小型衛星の7つの小型カメラからの映像がSNSなどで公開される。

宇宙飛行士の山崎直子さんは「世界に先駆けたジーサテライトを開発された技術者の方々に感謝します」とあいさつし、ギタリストのSUGIZOさんは「ガンダム世代なので戦いを展開した2体は和平の象徴です」と期待を寄せた。【大上悟】