野党が指摘「桜を見る会」名簿データ残存の可能性

「桜を見る会」招待者名簿が、野党議員の資料要求直後に廃棄され、内閣府側が電子データも破棄したとしている問題で、野党側は、データが残っている可能性があると指摘した。

安倍首相は2日の参院本会議で、内閣府が使う「シンクライアント」と呼ばれる方式はバックアップデータの保存期間後は復元不可と述べたが、野党からは「データが消えると言うより、アクセスができなくなるだけだ」との指摘が出た。

バックアップが残っている期間に、内閣府側が「破棄した」と答弁していた可能性も浮上している。