コロンビアはパワー充満の野生味/W杯対戦国を食う

コロンビアはパワー充満の野生味/W杯対戦国を食う

コロンビアの伝統的スープ「サンコーチョ」(撮影・三須一紀)

 2018年サッカーW杯(ワールドカップ)ロシア大会の組み合わせが決まった。日本は1次リーグH組でコロンビア、セネガル、ポーランドと戦うが、3チームともFIFAランク格上の強豪だ。そこでハリルジャパンよりひと足お先に相手を「食う」べく、日本にある各国料理店に出陣した。われらが和食に負けず劣らず、いずれも強敵だった。【清水優、三須一紀】

 大事な初戦の相手、南米コロンビアを知ろうと、東京・恵比寿にあるコロンビア料理店「プント・プンタ」を訪れた。その国を知るにはまずは酒(?)だと、仕事中ながら最も一般的という「アグアルディエント」を注文。サトウキビを原料とした蒸留酒をアニス(香草)で香り付けしてある。アルコール度数は29度。

 0〜11歳まで同国とベネズエラで過ごしたコロンビア国籍の店主小泉明さん(38)は「あっちではサルサを踊る前にみんな生(き)で飲みます。酒は日本人より全然強いですよ」と、どや顔で笑った。

 続いて一般的な料理を注文。伝統的スープ「サンコーチョ」は鶏肉、トウモロコシ、甘くないバナナ、キャッサバ(イモの一種)とパクチーが入った「ポトフ」のような味。ギョーザのような「エンパナーダ」は、トウモロコシが原料の分厚い皮でひき肉を包んでいた。小泉さんは「和食と違い全体的に種類は少ない」と話すが、どちらもラテン系の野性的な味で、パワーがつきそうだ。

 コロンビア人の母親を持つ小泉さん。前回ブラジル大会で対戦した際は下馬評が高かった日本を応援したというが、今回は「コロンビアを応援します」と既に心に決めていた。