はとバス追突、ハイヤー運転手が下敷きになり死亡 

はとバスに車下敷き 1人死亡

4日午後6時35分ごろ、東京都新宿区の交差点付近でツアー運行中の「はとバス」の観光バスが停車中のハイヤーに追突した。警視庁新宿署によると、ハイヤーを運転していた50代とみられる男性が死亡した。

警視庁は、はとバスを運転していた森聡一容疑者(37)を自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、現行犯逮捕した。

事故現場となった交差点付近には都庁があり、交通量が多く片道で4車線ある。署によると、はとバスとハイヤーは同一方向を向いており、ともに南側から北側に、青梅街道方向に進行していたとみられる。ハイヤーが交差点で信号待ちか、待機をしていたところ、後ろからはとバスが追突し、はとバスが右側にある中央分離帯に乗り上げ街路灯に追突し、停止した。

はとバス広報課によると、バスは44人乗りで、この日は都内のコース運行中だった。事故当時、乗客7人とバスガイド1人は食事のために降車しており、運転手が1人で待機場所まで運転中だった。はとバスでの運転歴は4年という。

署によると、追突されたハイヤーが左側に停車していることから、左側の車線で追突し、その反動で、はとバスが右側の中央分離帯に乗り上げた可能性もある。ハイヤーの運転手は、事故現場で午後7時ごろ、死亡が確認された。森容疑者にケガはなく事故後、病院に搬送された。医師が検査入院の必要があると判断。署は午後10時40分ごろ、容疑者をいったん釈放した。