詩織さん民事訴訟の第1回口頭弁論に被告側姿見せず

詩織さん民事訴訟の第1回口頭弁論に被告側姿見せず

第1回口頭弁論を終え、記者団の取材に応じる伊藤詩織さん(撮影・三須一紀)

 元TBSワシントン支局長の山口敬之氏(51)から性的暴行を受けたとして、ジャーナリストの伊藤詩織さん(28)が損害賠償を求めた民事訴訟の第1回口頭弁論が5日、東京地裁(鈴木尚久裁判長)で開かれた。被告側は全面的に争う意向を示したが、法廷には姿を見せなかった。

 伊藤さんは取材陣に対し「もしかしたら、相手の方(山口氏)が来るかもしれないと伺っていたので、とても緊張していた。誰も席におらず、不思議な気分になった」と感想を述べた。

 伊藤さんは、山口氏に酒を飲まされレイプされたとして、警察に準強姦(ごうかん)容疑で被害届を出していたが、東京地検に不起訴処分を受けた。その後、検察審査会に不服を申し立てたが、ここでも「不起訴相当」とする決議を受けたため、約1000万円の損害賠償を求める民事裁判を起こした。

 山口氏は一貫して性的暴行を否定しているが、伊藤さんは「今までどういったことが話されたか、全く分からなかった。(民事訴訟では)事実をフェアな形で話し合える場を設けていただける」と決意を込めた。