渡辺明名人、逆転負けに「悔いが残ります」優勢も受けで失着したのを機に斎藤八段が反撃

渡辺明名人、逆転負けに「悔いが残ります」優勢も受けで失着したのを機に斎藤八段が反撃

第80期名人戦7番勝負第3局2日目に臨んだ渡辺明名人(日本将棋連盟提供)

渡辺明名人(38)が挑戦者の斎藤慎太郎八段(29)に連勝して迎えた、将棋の第80期名人戦7番勝負第3局(福岡市「アゴーラ福岡山の上ホテル&スパ」)は8日、後手の斎藤が渡辺を下して、対戦成績を1勝2敗とした。7日午前9時からの2日制で始まった対局は、優勢に進めていた渡辺が受けで失着したのを機に斎藤が反撃。8日午後9時5分、134手で逆転勝ちした。

敗れた渡辺は、「手将棋(前例がなく、お互いに手探りとなる将棋)で難しかった。終盤、方針が決まらないでいた。悔いが残ります。(次局に向けて)切り替えていきたいと思います」と話した。

第4局は5月19、20日、山口市「名勝 山水園」で行われる。