斎藤慎太郎八段が渡辺明名人に大逆転勝ち「序盤からずっと苦しい将棋」名人戦7番勝負第3局

斎藤慎太郎八段が渡辺明名人に大逆転勝ち「序盤からずっと苦しい将棋」名人戦7番勝負第3局

第80期名人戦7番勝負第3局2日目に臨んだ斎藤慎太郎八段(日本将棋連盟提供)

将棋の渡辺明名人(38)に斎藤慎太郎八段(29)が挑戦している、第80期名人戦7番勝負第3局が7、8の両日、福岡市「アゴーラ福岡 山の上ホテル&スパ」で行われ、後手の斎藤が134手で大逆転勝ちした。2期連続挑戦の斎藤が初の名人奪取に巻き返し、今シリーズの対戦戦績を1勝2敗とした。第4局は19、20日、山口県山口市の「名勝 山水園」で行われる。

戦型は角換わり。序盤戦からお互いの構想がぶつかり合う、研究の最先端の将棋となった。2日目の午前中に勝負どころを迎え、激しい攻め合いが始まった。攻勢を強める渡辺に対し、斎藤は粘り強い指し手で応戦した。敗勢に陥りながらも耐え続け、最終盤に大逆転し、渡辺玉を詰まして勝ち切った。

終局後、斎藤は「序盤からずっと苦しい将棋になった」と振り返った。今シリーズの名人戦は前期と同カード。前期の第2局から6連敗中だったが、連敗も止めた。これで渡辺との対戦成績は5勝10敗。

奈良県出身の斎藤は、高身長と端正なルックスから「西の王子」と呼ばれている。流れを引き寄せる大きな1勝に第4局へ向け「本局を反省して次にいかせるようにしたい」と話した。