辻元清美氏の事務所に窓ガラス割り侵入の20代アルバイト男性逮捕 動機など今後捜査

辻元清美氏の事務所に窓ガラス割り侵入の20代アルバイト男性逮捕 動機など今後捜査

防犯カメラに映った事件当時の映像(辻元清美事務所提供)

今年3月、大阪府高槻市にある立憲民主党の辻元清美前衆院議員(62)の事務所で、窓ガラスなどが壊された事件で、大阪府警は10日、建造物侵入などの疑いで大阪府箕面市のアルバイト太刀川誠容疑者(29)を逮捕した。同府警によると、「間違いありません」と容疑を認めているという。

太刀川容疑者3月1日午前3時14分ごろ、辻元氏の事務所の1階東側の窓ガラスをハンマーなどで割り、金品を盗む目的で侵入した疑い。事務所の警備システムが作動したため、何も取らずに逃走した。

逮捕の一報を受け、辻元氏は「尽力を頂いた捜査関係者の皆様に感謝申し上げます」とコメントを発表。

さらに「もし暴力によって政治的表現の自由を踏みにじろうとすることであったとすれば、断じて認められるものではありません」とした。

同府警は金品目的の事務所荒しの可能性が高いとみているが、今後、動機などについて、捜査する。