「日本VSブラジル戦」チケット争奪戦勃発 販売約1時間で即完売、ネットでは高額転売も

「日本VSブラジル戦」チケット争奪戦勃発 販売約1時間で即完売、ネットでは高額転売も

ブラジル代表メンバー

サッカー日本代表の国際親善試合、キリンチャレンジカップ・ブラジル戦(6月6日、国立競技場)のチケットが、14日午前10時からインターネットで一般販売された。チケットぴあのサイト上では1時間ほどで、予定枚数終了。日本協会のサイト上でも1時間半ほどで、ほぼすべての席種が売り切れになった。

今回は両サイトとも、先着販売。早い者勝ちといった争奪戦となったが、とにかく、つながらない…。ツイッターでは「ブラジル戦」がトレンド入り。買うことができなかった人が悲しむ声が多かった。

サッカーファンが何とか確保しようと必死で格闘する中、一部の非公式リセールサイトに早くもチケットが出品される事態も。チケットJFAのサイトには転売禁止の条項があるが、定価8900円のチケットが10万円近くと値付けされたものまでネット上では確認できた。

来日するブラジル代表のメンバーはFWネイマール(30=パリ・サンジェルマン)ガブリエル・ジェズス(25=マンチェスターC)ら豪華メンバー。チケットは7日からの先行販売分が即完売していた。