女子大生にMDMAを混ぜた飲料水飲ませる、41歳会社員を傷害などの疑いで逮捕

合成麻薬MDMAを混ぜた清涼飲料水を飲ませて、女子大学生に意識障害を負わせたとして、愛知県警中村署は15日までに、傷害と麻薬及び向精神薬取締法違反の疑いで、自称、岐阜県羽島市の会社員高山剛容疑者(41)を逮捕した。

逮捕容疑は、4月9日午後11時半ごろ、名古屋市中村区内の飲食店で、女子大学生(21)にMDMAを含む清涼飲料水を飲ませ、意識障害を伴う薬物中毒に陥らせるなどした疑い。