有名人のサイドビジネスで裁判が流行る!? SNSでの誹謗中傷にホリエモン×ひろゆき「やっちゃおうかな」

有名人のサイドビジネスで裁判が流行る!? SNSでの誹謗中傷にホリエモン×ひろゆき「やっちゃおうかな」

有名人のサイドビジネスで、今後は名誉毀損の裁判が流行る?

ネット上では珍しくない有名人への誹謗(ひぼう)中傷の書き込み。

『週刊プレイボーイ』の対談コラム「帰ってきた! なんかヘンだよね」で、“ホリエモン”こと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏が、“誹謗中傷されやすい”当事者として、前編に続き、この問題への新たな対応策を語る!

* * *

ホリ ちなみに、どこからが名誉毀損になるんだろ? その基準ってよくわかんないわ。

ひろ 「名誉毀損」と「侮辱」っていうのがあって、例えばハゲていないAさんに「Aさんはハゲてる」というのは名誉毀損なんですよ。嘘の事実を伝えたわけですから。でも、「Aさんはアホ」とかだと、事実ではなくて評価です。すると、これは侮辱になる。侮辱だとケースにもよりますが賠償金は10万円程度というイメージ。

んで、名誉毀損の場合は、例えばイケメンであることが売りだったのに、ハゲと言われたせいでイメージが悪くなって仕事が減ったので、その分を補填(ほてん)してくれという損害賠償請求になる。

ホリ さすがに詳しいわ(笑)。

ひろ 侮辱というのは結構、曖昧(あいまい)なので、実際問題として弁護士もあまり受けたがらないんですよ。一方で、名誉毀損は高い確率でお金を取れますからね。

ホリ なるほどね。でも、そうしたリスクのある書き込みだけど、名誉毀損になるという意識は多くの人にはあまりないようだよね。たぶん友達との会話感覚でツイッターや掲示板に書いてるからだろうね。

ひろ まあ、友達と飲みに行ったときとかは「○○はブスだ」とか普通に言うでしょうし。

ホリ そそ。昔はそれが酒場での話だったし、記録にも残らなかったんだけど、今はネット上に記録が残るし、本人にも届くようになっちゃった。匿名で書き込んでも、少し調べたら余裕で足がつくからね。

ひろ 訴えられた本人は「そんなはずじゃなかった…」と思うんでしょうけどね。

ホリ 有名人だったら、今までは「有名税」なんて謎の言葉で誹謗中傷も正当化されてたけど、ちゃんと罰せられる社会のほうが健全だよ。だから井納(翔一、横浜DeNAベイスターズ)選手の今回の行動はプラスに働くと思う。

ひろ でも、今でも罪を犯せば罰金や懲役というペナルティがあることはわかっているのに、世の中からは犯罪がなくならないですよね。それと同じように、やる人はやっちゃうと思います。

ホリ 要は誹謗中傷は減らないってことね。

ひろ ええ。で、同時に有名人のサイドビジネスで、今後は裁判っていうのが流行ると思います(笑)。少し前にはやった過払い金返還請求みたいな感じで。

ホリ だね。

(構成/杉原光徳 加藤純平 イラスト/西アズナブル)

●堀江貴文(ほりえ・たかふみ)







1972年10月29日生まれ、福岡県出身。旧ライブドア社長。SNS株式会社オーナー兼従業員。『やっぱりヘンだよね』(集英社)が好評発売中

●西村博之(にしむら・ひろゆき)







1976年11月16日生まれ、神奈川県出身。元『2ちゃんねる』管理人。近著は『無敵の思考―誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21』(大和書房)

関連記事(外部サイト)