【画像】84年間、全180作品を読破した男の「芥川賞」論。情報過多の現代のほうが描写量は少なくなっている?

84年間、全180作品を読破した男の「芥川賞」論。情報過多の現代のほうが描写量は少なくなっている?

「出てきたら獲りそうだなと思うテーマは今なら『高齢独身男性の実存』。生涯未婚であることがほぼ確定した男性を主人公にした作品でしょうか」と語る菊池良氏

この写真の記事を読む