ホリエモン×ひろゆき「プライベートジェットのシェアリングサービスがあったら、今よりももっと"多動"しやすくなる」

ホリエモン×ひろゆき「プライベートジェットのシェアリングサービスがあったら、今よりももっと"多動"しやすくなる」

「理想はプライベートジェットにもシェアリングサービスが登場して、タクシーみたいにアプリで呼べばすぐ来るようになる」とホリエモン

"ホリエモン"こと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏による『週刊プレイボーイ』の対談コラム「帰ってきた! なんかヘンだよね」。

今回のテーマは、堀江氏が最近6人で共同購入したというホンダジェット。前編では、ひとり当たり1億円払っても時間が節約できるから「元が取れる」と満足する堀江氏。青森で釣った20sのマグロをプライベートジェットに乗せて東京に戻ってきたエピソードを披露し、「飛行機は仙台空港に置いてあって、成田空港なら15分ぐらいで到着する」と、その便利さを語った。

* * *

ひろ ちなみに、飛行機の維持とかにかかるお金はいくらくらいですか?

ホリ 着陸料は空港によって全然違うんだよ。例えば地方空港だと1000円とか2000円。でも羽田空港はめちゃくちゃ高くて、着陸と離陸で20万円ずつかかる。成田をサブスクリプション(定額)で借りているけどね。

ひろ ここにもはやりのサブスクがあるんだ。

ホリ 交渉して、年間いくら払うから無制限で使わせてもらう、みたいな感じ。

ひろ 空港ってそんな交渉できるんですね。

ホリ そりゃそうでしょ。空港だってビジネスなんだから。

ひろ サブスクリプションって、年間いくらぐらいなんですか?

ホリ 何百万円とかだったと思う。

ひろ そんなもん? 

ホリ ほかにも法定整備費用や保険、あとパイロットの人件費を合わせても、年間の運航コストは1億円いかないぐらい。だから6人で割るとひとり1400万円ぐらいなんだよ。

ひろ パイロットはどこかの会社の人を雇っているんですか?

ホリ そう。パイロットのレンタル会社みたいなのがあるわけよ。

ひろ そういうのって、ANAとかJALを引退したパイロットとかがやるんですか?

ホリ いや、ずーっとプライベートジェットのパイロットをやっている人とかいるんだよ。

ひろ 堀江さんがホンダジェットを買ったことがニュースになっていましたけど、そもそも日本ってプライベートジェットって何機ぐらいあるんですかね。

ホリ うーん、大型のやつまで含めるとたぶん40〜50機はあるんじゃないかな。そういえば、最近は運用のためにプライベートジェットを買った人がいるという噂を聞いたな。

ひろ え?

ホリ アメリカだと、1時間当たり3000〜4000ドル(約32万〜42万円)ぐらいでレンタルできる。

ひろ けっこう、安いんですね。

ホリ 安い、安い。ホンダジェットになって運航コストが安くなったから。まあ、俺の理想はプライベートジェットにもシェアリングサービスが登場して、タクシーみたいにアプリで呼べばすぐ来るようになるという感じなんだけどね。

ひろ そうなるとプライベートジェットも別にいらないですね。

ホリ そうそう。そういうサービスがないからプライベートジェットを買ったんだよ。だってプライベートジェットのシェアリングサービスがあったら、今よりももっと"多動"しやすくなるしね。

ひろ え、今以上に移動するつもりなんすか(笑)。

●堀江貴文(ほりえ・たかふみ)
1972年10月29日生まれ、福岡県出身。SNS株式会社オーナー兼従業員。新刊に『時間革命』(朝日新聞出版)

●西村博之(にしむら・ひろゆき)
1976年11月16日生まれ、神奈川県出身。元『2ちゃんねる』管理人。近著に『自分は自分、バカはバカ。他人に振り回されない一人勝ちメンタル術』(SBクリエイティブ)

構成/杉原光徳 加藤純平 イラスト/西アズナブル

関連記事(外部サイト)