茨城県南部を中心に“群発地震”が続いており、地震学者が超巨大災害を危惧

記事まとめ

  • 6月から7月にかけて茨城県南部を中心に震度4から5の直下型地震が5回発生した
  • 地球物理学者の島村博士は東日本大震災を境とした地震活動再開の可能性を指摘する
  • また、地震学者の木村博士は地殻変動による巨大な歪みを指摘し、超巨大災害を危惧した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております