東北の海岸に巨大な防潮堤の建設進む 行政の“メガ復興事業”に住民から異論噴出

記事まとめ

  • 東日本大震災による津波で被害を受けた町を守るため巨大な防潮堤の建設が進んでいる
  • 宮城県は復興計画の一環で、雄勝町の中心部に高さ9.7mの防潮堤を造る計画を進める
  • 住民らがそれに反対しているが、雄勝町以外でもあちこちから不満の声が出ているという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております