東北被災地で巨大な防潮堤の建設進む 住民から不満噴出し反対運動も

記事まとめ

  • 東北の太平洋側の海岸線、全長約400kmにわたり巨大な防潮堤の建設が進んでいる
  • 住民からは防潮堤の建設に不満の声が噴き出し、反対運動も起きているという
  • 岩手、宮城、福島は高さありきの防潮堤計画にこだわり、見直そうとしないとの指摘

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております