ひろゆき「『Go To トラベルやGo To イートで給付金を出すことで、会社が潰れないで済む』というのがまず誤解」

horie_hiroyuki.jpg

"ホリエモン"こと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏による『週刊プレイボーイ』の対談コラム「帰ってきた! なんかヘンだよね」。

今回のテーマは「Go To トラベルキャンペーン」について。前編では、ひろゆき氏が「観光業や飲食店は、かなり潰(つぶ)れていくと思うので、キャンペーンで多少の補助金を入れてもしょうがない」「さっさと潰したほうが赤字は少ないという考え方もある」と語った。

* * *

ホリ そういや「旅行業界が潰れると交通インフラが保てなくなる」みたいな声もあるらしいよ。

ひろ でも、旅行とインフラは別の話ですよね。

ホリ Go To トラベルで交通機関を使わせて、少しでもインフラにお金を回そうという強引な考えなのかもね。

ひろ インフラが本当にマズいんだったら、JALとANAを合併させたほうがいいと思います。

ホリ でも、インフラはなかなか潰れないよね。JR北海道なんかもともと赤字だし。

ひろ 「Go To トラベルやGo To イートで給付金を出すことで、会社が潰れないで済む」というのがまず誤解だってことが理解されてない気がします。潰れるのが2ヵ月ぐらい延びるだけで、潰れるところは結局、潰れますから。

ホリ まあ、仕方ないと言ってしまえばそうなんだろうけど、会社が潰れて、若い人の自殺が増えたりするとね......。コロナで死ぬことはなくても、コロナの影響で生活に困窮して自殺したりする可能性はあるよね。

ひろ 不況になると自殺は増えるっていいますからね。

ホリ 日本は幸いにもコロナでの死亡率は低いし、重症患者も少ないんだから、会社を潰してまで自粛しなくてもいい状況なのは明らかだと思うけどね。

ひろ 確かに欧米のほうがひどい状況ですよね。理由はわからないけれど、日本はだいぶマシな状態だと思います。

ホリ 欧米のほうが財政ダメージは大きいだろうね。日本はラッキーなんだから、さっさと自粛をやめて経済へのダメージを少なくしないとダメだよ。

ひろ ラッキーな状況を生かして冷静な政策を打てればいいのですが、科学的事実より雰囲気重視が多数派ですからねぇ。

ホリ ほんと、これじゃあ重税国家まっしぐらだよ。雰囲気に流されたヘンな政策のせいで重税とかマジ勘弁してほしい。そんなんで増えた税金を納めるのとか、俺はいやだよ。

●堀江貴文(ほりえ・たかふみ)
1972年10月29日生まれ、福岡県出身。SNS株式会社オーナー兼従業員。近著に『堀江貴文vs.外食の革命的経営者』(ぴあ)

●西村博之(にしむら・ひろゆき)
1976年11月16日生まれ、神奈川県出身。元『2ちゃんねる』管理人。最新刊は『1%の努力』(ダイヤモンド社)

構成/杉原光徳 加藤純平 イラスト/西アズナブル

関連記事(外部サイト)