小島慶子のそこじゃない! 結婚しても女性皇族が活躍できるようになる日は来るのでしょうか?

小島慶子のそこじゃない! 結婚しても女性皇族が活躍できるようになる日は来るのでしょうか?

眞子さまも、きっとご自分のキャリアに思い入れがあるはず

秋篠宮家の長女、眞子さまが学生時代からの友人である小室圭さんとの婚約を発表した。

現行制度では「女性皇族は結婚によって皇族の身分を離れる」とされており、このことは多くの海外主要紙でも驚きをもって報じられた。

タレントでエッセイストの小島慶子が、世間の気になる話題に独自の視点で斬り込む!

* * *

存続が危ぶまれる皇室。皇族19人中女性が14人、そのうち7人が未婚の女性で、このほど秋篠宮家の長女、眞子さまが一般男性と婚約されることに。王室のあるイギリスでは関心が高く「プリンセス・マコは愛のために皇族の座を捨てる」と報じたメディアも。

結婚したら皇籍を離脱しなくてはならない現在の仕組みだと、ただでさえ公務を果たす皇族が限られているなかで、担い手は減る一方。皇族の皆さんは文字どおり毎日のように公務で忙しい。おひとり当たりの負担は増すばかりです。

うんと昔は一般でも寿退社が当たり前だったけど、皇室ではいまだに「結婚したら仕事は引退」なのですね。眞子さまも、きっとご自分のキャリアに思い入れがあるはず。皇族という特別なお立場とはいえ、続けてきた仕事を、結婚を理由に辞めなくてはならないのはどんなお気持ちでしょう。

この先「公務の担い手も足りないし、私が結婚したらほかの方のご負担が」と個人の幸せをつかむのを躊躇(ちゅうちょ)する女性皇族もいるかも。イギリスのアン王女のように、結婚しても女性皇族が活躍できるようになる日は来るのでしょうか。

●小島慶子(こじま・けいこ)







タレント、エッセイスト。学習院女子中高で平民の子供として学ぶ。3学年上に紀宮さま(黒田清子さん)がいたため、学校内には私服のSPが常駐していた。ちなみに授業の始まりと終わりは「ごきげんよう」

関連記事(外部サイト)