中国から尖閣諸島を守れ! 海自の新ステルス護衛艦「FFM2くまの」が進水

進水したFFM2くまの。ステルス艦だ

11月19日、 瀬戸内海に面する岡山県玉野市三井E&S造船玉野艦船工場から、海自音楽隊が演奏する軍艦マーチとともに、一隻の艦艇が進水した。海自の新護衛艦「3900t型二番艦FFM2くまの」だ。

一般的に、進水した海自艦艇には艦番号が与えられる。空母いずもならばDDH183、イージス艦まやならばDDG179と、三桁が一般的である。しかし、くまのには「FFM2」と、初めて一桁の番号が与えられた。

その理由を、現地でFFM2くまのを撮影したフォトジャーナリストの柿谷哲也氏が解説する。

「米海軍ならばLCS沿海域戦闘艦に分類されるくまのですが、海自のFとは駆逐艦と1000t以下の対潜護衛艦コルベットの間に位置する"フリゲート"の頭文字です。また、Mは多用途および機雷戦を意味します。

まだ一番艦が完成していないので、正式名称は発表されていません。しかし、艦番号に一桁が与えられたことには、全てを刷新しようとしている海自の心意気が現れているように思います」

FFM2くまのの艦影は、既存の海自護衛艦と比べると異形だ。それは、対中国海軍を想定したステルス艦だからだ。

「船首から主砲、艦橋、マスト、煙突と独立している伝統的な軍艦スタイルが、大艦巨砲主義の伝統と貫禄を未だに重んずる海自のスタイルでした。しかし、それを捨てたのがFFM2くまのです。

今、中国の対艦・巡航ミサイルの性能は格段の進歩を遂げており、海自艦搭載兵器の届かない、はるか彼方から飛来します。そのとき、直角が交わるような艦艇は、中国ミサイル搭載のレーダーに捕われやすい。なので、この艦型になりました。

すなわちFFM2くまのは、中国海軍の各種ミサイル攻撃からの生存性が、最も優れた海自艦と言えます」(柿谷氏)

直角に交わるシルエットは皆無。魚雷発射管と対艦ミサイルは艦内に格納される

 右舷船首付近に、一桁の艦番号「2」が見える

伝統的な軍艦スタイルを捨て、さらに塗装はヨーロッパ系海軍と同色のグレイ、艦番号の『2』の字体は沿海域戦闘艦インディペンデンスと同じ。およそ海自の船には見えないほど、全てを刷新したFFM2くまの。そのスペック・搭載兵器を見てみよう。

乗員90名、排水量3900t、全長132.5m、最大幅16.3m、最大速力30ノット。主砲76mm一門、対艦ミサイル8発、VLS(艦体埋め込み垂直発射装置)16セルに対空、対潜ミサイルを装備、三連装短魚雷発射管二基、対空防御Sea RAM一基。SH60K哨戒ヘリ一機。

「海自は人手不足なんです。通常のむらさめ型護衛艦で乗員200名、イージス艦は300名、くまのは90名。それも海保尖閣専従隊と同じクルー制で、帰港と同時に次のクルーが乗って直ぐに出撃します」(柿谷氏)

全ては、年間10数隻の艦艇を建造し続けて膨張する中国海軍への対策だ。その数に対応するのが、FFM2くまのなのだ。

「最大の特徴は、艦尾にウエルドックがあって、そこから無人機雷排除システムである無人掃海艇を放てます。さらに左舷のハッチから、簡易型機雷敷設装置で機雷をばら撒けます。

仮に尖閣では、対空、対水上戦の前に機雷戦が開始されます。そのとき、海自に二隻しかない掃海母艦が機雷を敷設する。その母艦を、くまのは護衛します」(柿谷氏)

FFM2くまのと交代で、順次退役する、あぶくま型護衛艦とねDE234。その艦影は、レーダーに派手に反射する形をしているのが分かる

正に対空対潜、掃海、機雷敷設とマルチフリゲート艦であるFFM2くまの。はたして、有事にはどう戦うのか?  FFM2くまのが活躍する海戦シナリオを想定してみよう。

偵察衛星、無線傍受、サイバー情報戦などで得たインテリジェンス情報から、中国沿岸基地では海軍の出動準備がなされ、中国海軍による尖閣奪取は必至と判断された。

南西諸島各港に前方配備されたFFM2くまのクラスが、数隻全力で尖閣北方海域に出撃。そこで、左舷後方ハッチから機雷をばら撒くと、今度は全速で南下する。

このとき、FFM2くまのから機雷をばら撒いていなくても、機雷搭載艦が航行した後を中国海軍は機雷に対して十二分に警戒して航行するので、進出速度は遅滞できる。

FFM2くまのは、出動した掃海母艦艦隊を守るFFM艦隊と合流。掃海母艦が、尖閣諸島付近に機雷海原を敷設するのを護衛する。

掃海母艦艦隊は機雷をばら撒くと、全力で宮古海峡に移動開始。その航行途中で、数隻のFFMは掃海母艦艦隊と別れて南西諸島各島に向かう。

掃海母艦艦隊は宮古海峡に機雷を敷設。その頃、FFM各艦は、左舷後方ハッチから島と島の間に機雷をばら撒く。

海自FMM艦隊と、島嶼に配備された陸自対艦対空ミサイル部隊は連携して、海峡と島嶼間を海上封鎖する――。

このように、対中国海軍から尖閣諸島を守る際、FFM2くまのは高い機動力を発揮する海自の切り札といってもいいだろう。

海自はFFM2くまのを、一年で二隻ずつ、計27隻建造する。2030年代は海自の主力艦となって、日本の海を守り続けるのだ。

撮影/柿谷哲也 文/小峯隆生

関連記事(外部サイト)

×