月2万1000円で楽しく暮らす漫画家・吉本浩二さん「お小遣いがもし10万円になったら? きっと使い切れないし、楽しくなくなっちゃう気がします」

月2万1000円のお小遣い生活を「最近心地よく感じてきた」と胸を張る漫画家・吉本浩二さんに、そのコツを聞いた!

コロナ禍で経済が一時ストップし、今冬は3割近くの人が「ボーナスが減る」と回答している。今あるお金で、より楽しむにはどうすればいいのか?

そのヒントを、現在週刊マンガ誌『モーニング』(講談社)で『定額制夫のこづかい万歳〜月額2万千円の金欠ライフ〜』を連載中で、自身も月2万1000円のお小遣いで生活している漫画家の吉本浩二先生(47歳)に聞いた。

ちなみに吉本先生の『ブラック・ジャック創作秘話〜手恷。虫の仕事場から〜』(秋田書店)は『このマンガがすごい!』2012年のオトコ編第1位になった名作ですよ。

■一番の楽しみはお菓子

――『こづかい万歳』は先生の体験談がもとなんですよね。

吉本 はい。月額2万1000円の生活を送っていますが、最近はようやく慣れてきたというか、むしろ心地いいときも出てきました(笑顔)。

――でも正直、しんどくないですか。

吉本 僕は自己管理が苦手で、独身時代はちょっとしたものをだらだら買ってしまいがちだったんです。なので2013年に結婚し、妻にお金を管理してもらえるようになって、正直ホッとしました。当時の小遣いは3万円で、僕はお酒もたばこもやらないので、それなりに余裕がありましたね。

そして3年前にふたり目の子供が生まれて小遣いが2万1000円になって。当初はきついと思うことも正直ありましたが、今はやりくりも楽しんでます。

――実際、どんな生活を?

吉本 一度マンガでも使い道を円グラフにしたことがありますが、一番の楽しみはお菓子。月1万円は費やしてますね。

――趣味のアイテムや仕事に必要なものが欲しくても、買えないことはないですか。

吉本 仕事に必要なものは妻と相談して決めています。例えば執筆を一部デジタルにしたときは、さすがに機材が高いので出してもらいました。でも仕事部屋のLED電球は認められなくて......。自分で買ったんですよ。3つで5100円です。

この間は、パソコンで目が疲れるのでブルーライトカットのメガネを買ってほしいって頼んだんですけど、これもダメで、1万円かかりました。今月はお菓子代を捻出するのがキツかったなぁ。

吉本家では、毎月1日に今月の小遣いがもらえる。悩みに悩み、選び抜いたお菓子を幸せそうに頬張る吉本さんのシーンは必見! ?吉本浩二/講談社

■我慢する喜びって?

――『こづかい万歳』は、先生をはじめ登場人物の皆さん、誰も悲壮(ひそう)感ないですよね。

吉本 そうですね。例えば、残金の数百円で自分の好きなお菓子を選んで買うのって、自分が試されているようでドキドキするんですよ。そこで悩みに悩んで買ったエリーゼや歌舞伎揚を頬張る。これが最高にうまい。

シチュエーションも楽しみがいがあります。僕が一番好きなのは、妻と子供が寝静まった深夜、コソコソと家を抜け出し、コンビニに行ってお菓子を選ぶ。まるでいけないことをしているような気分になってきて、この状態で食べるお菓子が、これまたたまらないんです。

――吉本先生のようにポジティブになるにはどうしたらいいんでしょう。

吉本 えぇ......、そんなアドバイスなんて大それたものはないんですけど(笑)、我慢する喜びに気づけたのは大きかったなぁ。

僕のマンガには、生活のすべてをPontaカード経済圏にささげてため込んだポイントで贅沢(ぜいたく)をしている人や、「小遣いが月末多く残っていたほうが勝ち」というバトルをしている夫婦といった、僕よりすごい倹約家がたくさん出てくるんですが、彼らはみんな我慢を楽しんでいる気がします。

――ほかにアドバイスは?

吉本 最近気づいたんですけど、アマゾンで欲しいものを見つけたら、まずカートに入れるじゃないですか。次から次へと。でも結局買わないのも楽しいんですよ。欲しいものを探しているときが一番ワクワクして、手に入った瞬間に気持ちがなえるってことがけっこうあったんですよね。

逆に、それでも買うと決めたものは、すごく大切に扱うようになります。僕の場合だと、さっきのブルーライトカットのメガネです。今までメガネに対してなんとも思ってなかったけど、僕の目を守ってくれる存在だと思ったらいとおしくなってきたし、かけてるときもなんだか楽しい。メガネを拭くのもウキウキして。

――じゃあ、仮に小遣いが10万円になったらどうします?

吉本 う〜ん......、きっと使い切れないし、楽しくなくなっちゃう気がします。いつもと同じような生活をして、残りは家族みんなで楽しむために貯金をしちゃうかも。

気取った言い方になっちゃいますが、世の中、お金を使わないと楽しめないというわけではないと思うんです。それこそ、そのへんにいる人を見ているだけでも楽しい。うちの近所に、一日に何度も犬の散歩をするおじさんがいるんですが、それを奥さんに「今日、あの人4回も見たよ!」と話しているだけで楽しくて。

――なるほど。

吉本 話す相手がいると、僕の場合はお金は使わなくなりますね。僕はそれが妻だったけど、必ずしも家族である必要はない。友達とかSNSとかでもいいんだろうし。普通の日常がなんでも楽しいと思えるようになるのが一番なんですかね?

■『定額制夫のこづかい万歳〜月額2万千円の金欠ライフ〜』(講談社)
『モーニング』(講談社)で連載中の、月2万1000円の小遣いでやりくりする吉本先生の節約ライフを描いた実録マンガ。吉本先生のほか、Pontaカードを使いこなして月2万円で暮らす男などさまざまな猛者が登場する。1巻が絶賛発売中!
yoshimoot_koji2.jpg

取材・文/尾谷幸憲 撮影/鈴木大喜

関連記事(外部サイト)