2014年に東京でパニックとなったデング熱 騒動沈静もいつ再流行するか分からない状況

記事まとめ

  • 2014年に代々木公園で発生したデング熱は、蚊が媒介し、まれに重症化する感染症である
  • それ以降の国内感染報告はないが、海外渡航した人が感染し帰国する例が増加傾向にある
  • 国内外で人の往来が激しくなっている中では、いつ再流行するか分からない状況だという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております