「2017−2018日本カー・オブ・ザ・イヤー」選考会が開催! 選出された10台は今の日本を表す?

「2017−2018日本カー・オブ・ザ・イヤー」選考会が開催! 選出された10台は今の日本を表す?

10台のベストカーが発表された「2017−2018日本カー・オブ・ザ・イヤー」

日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は11月8日(水)、「2017−2018日本カー・オブ・ザ・イヤー」の第一次選考会を開催。最終選考会に進む上位10台の「10ベストカー」を発表した。

そこで、今年は一体どのクルマが選ばれるのか――“カー・オブ・ザ・イヤー”選考委員でもある自動車ジャーナリストの小沢コージが解説する!

* * *

つくづくクソ真面目、ってか夢がないよなぁ今のニッポン! 歌は世につれ、世は歌につれとはよく言ったもんだけど、まさにクルマは世につれ、世はクルマにつれだ。

それは、今年の「日本カー・オブ・ザ・イヤー」10ベストカーの面々。毎年この時期に10台が選定され、12月に決まるんだけど、世相を表すのは実はこの10ベストのほうだったりする。

最近、みんなそうだけど、華があってゴーカなのはほぼ輸入車じゃないの。充実の質感とセミ自動運転のBMW5シリーズに、中国巨大資本で生まれ変わったボルボのミディアムSUV、XC60に同じくドイツSUVのVWティグアン、生まれ変わったイタリアン、アルファロメオジュリア…。ま、シトロエンC3は少し毛色の違うカワイい個性派だけど。

比べると、日本車は安さと走りのスイフトが今の日本の超現実を表し、安くて広くて質感上々のN−BOXと、やっと日本らしい質感でのし上がってきたマツダのCX−5に和製プレミアム代表のレクサスLC――。

個人的にはレクサスのLCにイヤーカーになって欲しい気持ちもあるけど、それも世相は表してないよ、価格は1300万円超って…。いくら新たなセクシーさを演出していても、今年を代表する!?ってのは難しいような気がするなぁ。投票結果を見てみないとわからんけど。

小沢のガチ予想としては、まさに今の“卒業後に公務員を指向”するような手堅さというか、軽なのにとてもそうは思えないほど便利で広くて立派な新N−BOX? 夢はないけど、まさに今のニッポン!なのかもね。

選出された「10ベストカー」は次の通り(順不同)。国産車5台、輸入車5台が選出。

・スズキ スイフトシリーズ







・トヨタ カムリ







・トヨタ レクサスLC







・ホンダ N−BOX、N−BOXカスタム







・マツダ CX−5







・FCA アルファロメオ ジュリア







・BMW 5シリーズ(セダン/ツーリング)







・プジョー・シトロエン・ジャポン シトロエンC3







・ボルボ XC60







・フォルクスワーゲン ティグアン

※1 ノミネート車は2016年11月1日から2017年10月31日までに発表または発売され、かつ年間の販売台数が500台以上見込まれている乗用車が対象。今年は31台の乗用車がノミネート。日産は辞退し、スバルは『XV』がノミネートされていたが10ベストカー選考段階で辞退を表明。

※2 11月30日〜12月2日の期間に評論家、ジャーナリスト、有識者からなる60人の選考委員が投票。さらに12月11日に最終選考会が開催され、今年で38回目となる「2017−2018日本カー・オブ・ザ・イヤー」が決定!

関連記事(外部サイト)