“心中事件”のかわら版は即販売禁止 心中がなぜ幕政批判に当たるのか?

“心中事件”のかわら版は即販売禁止 心中がなぜ幕政批判に当たるのか?

1875(明治8)年発行の錦絵新聞「大阪錦画新聞(第9号)」(筆者所蔵)

 江戸庶民の興味を常に追求し続けて、商売にしてきたかわら版は、報道というよりもうわさ話のような内容が主だったと言われています。そもそもかわら版は違法出版物でしたが、下世話な内容がほとんどだったため容認されてしまうことが多かったそうです。しかし、なかには幕府批判として、厳しく取り締まられたものがあり、「心中事件」がそれに当たりました。恋愛小説のありがちな結末とも思われる心中を幕府はなぜ目くじらを立てて取り締まったのでしょうか? 大阪学院大学、准教授の森田健司さんが解説します。

違法中の違法「心中事件」のかわら版

 かわら版に関する記述が見付けられる「最古の文献」は、『天和笑委集(てんなしょういしゅう)』である。それが1682〜1683(天和2〜3)年に起きた江戸の大火を記録した書であることを考えると、かわら版という媒体は、この頃から始まったと言えそうだ。以上は、本連載ですでに述べたものである。

 その際、初期のかわら版において、特に人気が高かったのが「心中事件を報じたもの」だということにも触れた。ただし、心中に関する報道は、しばらくすると一気に姿を消してしまう。この理由については、まだ論じていなかった。

 1684(貞享1)年に出された読売の禁止令によって、かわら版は全般的に違法となる。だが、それでも余程のことがない限り、役人は読売を捕まえなかった。ただし、記事内容に幕政批判があった場合は別である。江戸時代に、我々の知る「表現の自由」など存在しなかった。

 そして、そのような政治的な報道に次いで、幕府が厳しく取り締まり始めたのが、心中を扱ったかわら版だったのである。

 幕政批判については、強く禁じられても何の疑問もないだろう。しかし、心中を禁じた理由は、すぐには思い浮かばない。心中とは、通常「恋愛関係にある男女が、合意の上で共に死ぬこと」、つまり「情死」を意味する。この心中に関する報道を幕府が禁じたのは、そういった行為が、やはり「幕政批判」を意味したからとされている。

 どうにも論理が飛躍しているように思えるが、次のように考えてみれば、このことは納得できるだろう。
心中する二人は、「この世で結ばれ、幸せになること」を諦めたからこそ、死にゆくことを選択したはずだ。そして、彼らが絶望した「この世」とは、ほかならぬ「幕府が統べる世界」である。「この世への諦め」と「あの世への希望」を併せ持つ心中は、だからそのまま幕府への異議申し立てと見なされたのだった。

 冒頭に掲げたのは、1875(明治8)年に発行された錦絵新聞「大阪錦画新聞(第9号)」である。ここには、大阪西成郡第三区曾根崎村(現在の大阪市北区曾根崎)で起きた、実際の心中事件が書かれている。つまり、かわら版でもなく、江戸時代に発行されたものでもない。

 江戸時代のかわら版を扱う本連載で、明治の錦絵新聞を紹介した理由は、極めて簡単である。心中事件を報じたかわら版は、ほとんど現存しないからである。全国の大学や博物館などに今も残っている「心中関連のかわら版」は、内容を読めば、明らかに創作物とわかるものがほとんどなのだ。

「心中の流行」は大坂商人から

 幕府の出版規制は、我々が想像するほど厳しいものではないが、心中を扱ったかわら版への弾圧は、強烈そのものだった。違法出版物に対して、幕府は「販売の中止」のみならず、「版木の焼却」まで命じることが普通だったため、心中を報じたかわら版は、刷り物はもちろん、その版木すらこの世から消し去ってしまったのである。

 しかし、なぜ心中なる行為が流行するに至ったのだろうか。

 そもそも、心中という言葉の原意は、文字通り「心の中を見せ合うこと」だった。特に、遊女と客の間で、互いに「他に好きな人がいないこと」を示す行為を指していたようである。これが、現在のように「情死」を意味する語となったのは、元禄年間(1688〜1704年)以降のことだ。

 当時の結婚は、現代のように恋愛の結果としてあるものではなかった。そのほとんどは縁者の紹介によるものであり、結婚当日までお互いに顔も知らないようなことすら、稀ではなかった。そのような状況において、遊郭における遊女と客の「恋愛」は、そこに金銭が介在するにせよ、社会的な「しがらみ」から解き放たれた純粋なものと認識されていたのである。

 この心中に大きな注目が集まるきっかけとなったのが、近松門左衛門(1653〜1724年)によって書かれた、かの『曾根崎心中』である。これは、実際に大坂で起きた、次のような事件を元に書かれたものだった。

 1703(元禄16)年、大坂の曽根崎天神において、徳兵衛とお初が命を絶った。徳兵衛は25歳で、醤油を商っていた大店・平野屋の手代である。お初は堂島新地にあった天満屋の遊女で、当時21歳。徳兵衛は、お初にとって上客だった。初めは客と遊女でしかなかった二人だが、次第に惹かれ合い、彼らは本気で結婚を夢見始めたという。

 ところが、現実は甘くない。徳兵衛は叔父である主人の用意した相手との結婚を勧められ、お初は天満屋にとって大切な上客から、結婚を迫られる。互いに、様々な「しがらみ」から、本当に惹かれた相手との結婚が困難になったのである。

 絶望した二人は、遂にこの世を捨て、あの世で一緒になることを選択する。そして、命を絶ったのは、神聖な曾根崎天神において、だった。この衝撃的な事件を取材した近松は、少しの脚色を加えて、一級のラブストーリーにまとめ上げる。事件から、わずか1カ月後のことだった。

 浄瑠璃として上演された『曾根崎心中』は、大坂人の心を、まさに鷲掴みにした。全ての「しがらみ」から解放され、純粋な恋愛感情だけに身を任せた二人の生き様に、誰もが夢中になったのである。

 そして、当然のように、実際の心中が相次ぐ。この年だけでも、なんと46組92人が心中でこの世を去ったと伝えられている。そして、次々に起きた心中事件は、脚色されて歌舞伎や浄瑠璃として、多くの人々に伝えられていったのである。

幕府による強烈な禁令

 ここに掲載した画像は、『すけ六心中』の挿絵の一つである。歌舞伎や浄瑠璃として演じられたこの物語もまた、宝永年間(1704〜1711年)に大坂で実際に起こった心中事件が元になったものだった。なお余談ながら、この「すけ六」は現在も「助六弁当」にその名を残すものである。

 心中の流行は、主に上方のものだった。しかし、少しずつその熱は、江戸にも伝わっていく。実際の事件が創作物を生み、創作物が実際の事件を生む不気味さに、幕府も不安を隠せなくなったようだ。1722(享保7)年、遂に心中物の出版に関する禁令が出される。これによって、心中を取り扱ったかわら版も、厳しく規制されることとなった。

 そして翌年、今度は心中そのものを禁止した。悪循環を、一気に断とうという腹だった。しかも、幕府の危機感が反映されて、この心中禁止令は相当に強烈なものとなっている。
 具体的には、心中については次のように処置することが決定された。

 1.心中した男女の遺体は、服を剥ぎ取って裸にして晒す。

 2.心中した男女の遺体は、埋葬を許可せず、そのまま朽ち果てるのに任せる。

 3.心中で男性が生き残った場合、その者を死罪に処する。

 4.心中で女性が生き残った場合、その者は無罪とする。ただし、男女が主従関係の場合、女性は死罪とする。

 5.心中で両方が生き残った場合、3日間晒した後、最下層の身分に落とす。

 心中に「成功」し、共にあの世に向かったとしても、この世には最低限の尊厳すら奪われた、腐乱死体が残る。その有様を目にして、庶民は恐怖におののき、心中事件は確実に減少していった。しかし、逆に言うと、ここまでしない限りは心中を思い止まらせることはできなかったのである。

 『曾根崎心中』に端を発した心中の流行は、この禁令によって終息した。しかし、冒頭に紹介した錦絵新聞に明らかなように、170年以上経った世においても、やはり心中は大きな話題となる事件であり続けていた。

 それはやはり、心中というものが、様々な「しがらみ」からの脱出として機能するのみならず、「個人の自由」までも意識させるものだからだろう。庶民の中にそういった意識が芽生え、体制を相対化してしまうことを、幕府は何より恐れていた。幕府が心中に関連するかわら版すら駆逐した背景には、このような事情がある。

(大阪学院大学 経済学部 准教授 森田健司)